[PR]

 石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した。出光の創業家側が反対していたが、新会社の取締役を指名できるなどの条件で統合を了承した。3年近く続いた膠着(こうちゃく)状態は解消し、石油元売り業界は、最大手のJXTGホールディングス(HD)との「2強」体制に再編される。

 両社の発表によると、昭和シェルの株主に出光株を割り当てる株式交換で昭和シェルを出光の完全子会社にする。今年10月をめどに株式交換比率などを決め、両社が12月にそれぞれ開く臨時株主総会で承認を得て、来年4月に経営統合する。昭和シェルは来年3月29日に上場廃止になる見通し。両社のガソリンスタンドのブランドは一定期間併用し、統合後の社名の通称は「出光昭和シェル」とする。

 出光経営陣は15年7月、昭和シェルと経営統合することでいったん基本合意したが、約28%の出光株を持つ創業家側が強硬に反対。出光経営陣は創業家の出光昭介名誉会長と直接話し合いができず、膠着状態が続いていたが、今春ごろから協議が再開されたという。 出光の月岡隆会長は記者会見で「(創業家と対立した期間は)必要な時間だった。今後は前だけを向いて進めていく」と述べた。

 統合発表にあたり、出光経営陣は創業家と「合意書」を締結。経営陣が選任する5人程度の取締役候補のうち創業家側が2人を推薦できることや、「出光」の商号を残すことなどの条件で折り合った。創業家側は臨時株主総会で株式交換の議案に賛成する方針だ。

 国内需要の落ち込みが続く石油元売り業界では、17年4月に最大手のJXHDと東燃ゼネラル石油が経営統合し、JXTGHDが発足。出光と昭和シェルの経営統合はこれに続く大型再編となる。(桜井林太郎、西山明宏)

こんなニュースも