[PR]

 「文化部のインターハイ」とも呼ばれる第42回全国高校総合文化祭「2018信州総文祭」(文化庁、公益社団法人全国高等学校文化連盟など主催、朝日新聞社など特別後援)が8月7日から始まるのを前に長野市で10日、「開催30日前イベント」があった。

 信州総文祭は8月7日、松本市での総合開会式とパレードで始まり、長野市、上田市など県内17市町で同11日まで開かれる。演劇、合唱、軽音楽、ダンスなど28部門があり、全国から約2万人の高校生が集まり、日ごろの活動の成果を競い合う。

 この日のイベントでは高校生が出演・製作した各部門のCMが一挙に上映されたほか、各部門の運営を支える高校生たちが舞台の上で「見に来てください」などとアピールした。

 弁論部門を担当する東御清翔高校の美齋津琉生(るい)さん(1年)は「あと30日。これからです」と気持ちを引き締めていた。(関根光夫)