[PR]

 西日本豪雨災害で浸水した車を使用すると、感電事故や電気系統がショートして火災を起こすおそれがあるとして、国土交通省はホームページやツイッターで「水が引いても使用しないで」と注意を呼びかけている。

 水に浸った車は外から見て問題がなくても、注意が必要だ。対処の手順は次の通り。

 ①自分でエンジンをかけない②使いたい場合には販売店や整備工場に相談する③発火を避けるためバッテリーのマイナス側の端子を外しておく。

 特に、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)は高電圧のバッテリーを搭載しているとして、むやみに触らないよう呼びかけている。外した端子がバッテリーと接触しないよう、テープで覆うなどすることも必要だという。

 日本自動車工業会もホームページで浸水・冠水被害を受けた際の対処法を動画で紹介している。URLはhttp://www.anzen-unten.com/home/a1/b1/trouble003.html別ウインドウで開きます。(沢木香織)