[PR]

 富士山の静岡県側登山道3ルート(富士宮、須走、御殿場)の冬季閉鎖が10日解除され、すでに1日に解除された山梨県側に続いて登山シーズンが幕を開けた。混雑を避けるため、今年から富士宮ルートでは1日当たりの登山者数2千人という目安が設定され、週末やお盆時期に集中しないよう県などが呼びかけを行っている。

 富士宮市の富士山本宮浅間大社では、10日朝から「お山開き」の式典や神事が行われた。須藤秀忠市長が「富士山を訪れる人々の安全を祈願し、シーズンの幕開けを宣言します」と述べ、登山バスの第1号を出迎えた。この後、富士山の標高にちなんだ長さ3・776メートルの大金剛杖(じょう)が大社に奉納された。

 式典には昨年オープンした県富士山世界遺産センターの遠山敦子館長や英国大使館員らも参加した。(六分一真史)