[PR]

 健康意識の高まりを受け、ビタミン、ミネラル、たんぱく質などの栄養素を含む食品として注目を集めているのが、食用目的の藻「スピルリナ」だ。健康食品やサプリメントにとどまらず、日常的に食べる「食材」として浸透させようと、ベンチャー企業が生のスピルリナ「タベルモ(=食べる藻)」を開発したという。食べる藻とはどんなものなのか。取材してみた。

     ◇

 バイオテクノロジーの分野を得意とする、ちとせグループのベンチャー企業、タベルモ(川崎市)が生産販売する。産業革新機構と三菱商事はその将来性を買い、5月にそれぞれ8億5千万円を出すことを決め、大株主になった。

 藻だけに深緑色をしている。想…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも