[PR]

 西日本を中心にした豪雨被害を受け、菅義偉官房長官は10日の記者会見で、「気象庁が発表する防災気象情報と地方自治体の避難情報の連携がどうだったのか。次に備えて検討する大きな課題だ」と述べ、情報伝達のあり方などを検証する考えを示した。

 今回の豪雨では、気象庁は広島や岡山など11府県に大雨特別警報を発令したが、死者は130人を超えている。

こんなニュースも