[PR]

 新潟県教育委員会は10日、県内の県立高校3年の男子生徒が自殺したと発表した。県教委によると、男子生徒は6月27日に行方がわからなくなり警察などが行方を捜したところ、28日に遺体で見つかった。いじめを受けたという趣旨のメモを残しており、同校の校長がすでにその旨を生徒らに説明したという。

 花角英世知事は「現在、学校が、背景にいじめがあったことを前提に基本調査を継続中」などとするコメントを発表した。県教委は基本調査がまとまり次第、遺族に説明し、第三者委員会を立ち上げて詳細な調査を始めるという。12日にも記者会見を開き、事案の概要や学校の対応などについて説明する方針。花角知事はコメントで「今後調査がまとまり、ご遺族に説明がなされると思う」とし、県教委に遺族の気持ちに寄り添った対応を要請したと説明している。