黒川紀章氏10年越しの遺作「世界一モダン」W杯で注目

有料会員記事

高野遼
[PR]

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で、準決勝などの舞台にもなったサンクトペテルブルクでは、6万7千人収容の新スタジアムが建設された。設計したのは、建築家の故黒川紀章氏。10年越しで完成した「遺作」が世界の注目を浴びた。

 古都サンクトペテルブルク。バルト海へと続く湾に面した一角に、そのスタジアムはある。円形の建物から、8本の白い柱が空へと伸びる。可動式の屋根とピッチを備え、「世界で最もモダンなアリーナの一つ」と評される。

 関係者によると、2006年3月、黒川氏の事務所に、設計コンペへの招待状が届いた。サンクトペテルブルクは、黒川氏が学生時代に初めて建築関連の国際会議に訪れた思い出の地。黒川氏は招待状を受け「やるぞ」と即答したという。2度の審査を経て、17社のなかから設計者に選ばれた。

 コンセプトは「白い帆船」。すぐ脇に広がるバルト海との調和を意識した。丸みを帯びたデザインは、地元では「湾岸に舞い降りた宇宙船のよう」と好評を博した。

 07年2月に基本設計の調印…

この記事は有料会員記事です。残り458文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら