[PR]

(10日、高校野球北福岡大会 戸畑10―0嘉穂)

 戸畑のスタンドでは、女子だけの応援団が声を張り上げた。約60年前、野球部のためにできたという応援団は現在、女子だけ。試合に加えるのは「華やかさ」よりも「気合」だ。

 学ラン、下駄(げた)、白手袋、腕章……。スタンドに、いかめしい服装と表情の小柄な女子生徒が並ぶ。野太い声で「ウォッス!」。

 応援団の歴史は古く、今年で第63代。同校は1957~61年に5回甲子園に出ているが、その少し前に野球部の応援のために作られたといわれている。20年ほど前から男子の団員が減り、2003年には女子だけになった。

 団長の松田萌愛(もえ)さん(3年)は「一体となって応援し、部員に『がんばってくるね』と言われたときの達成感がたまらない」。この日は10―0で大勝した。松田さんは「次も、選手に届く全力応援をします」と話した。(狩野浩平)