[PR]

 西日本豪雨を受けて、土木学会の災害調査団は10日、広島市内の水害現場で調査を行った。低いところにたまった水が排水されなくなって起こる「内水氾濫(はんらん)」と呼ばれる現象が起きたことがわかった。

 調査団が同市安佐北区狩留家町で、住民からの聞き取りや堤防の状況の確認をしたところ、1級河川の三篠(みささ)川の水が堤防を越えた形跡はなかった。しかし、田畑や民家が浸水しており、大雨で三篠川の水位が高くなった影響で、川に注ぐ小川や用水などの流れが滞ってあふれたとみられる。

 内田龍彦・広島大准教授(水工学)は「川の合流部では水がたまりやすいため、注意が必要だ」と話した。(鈴木智之)