[PR]

 第100回全国高校野球選手権記念和歌山大会が11日、開幕した。今年も紀三井寺に球児たちが集い、開会式で全力プレーを誓った。開幕試合に臨んだ球児たちはあきらめないプレーを見せ、接戦となった。

夏の勝利 後輩に託す 笠田・智多祐太君

 「自分の打撃で必ず取り返す」。1点を追う九回表1死二塁。六回にマウンドを降りた笠田の4番、智多祐太君(3年)が打席に立った。3球目を振り抜いたが、飛球は三塁側ファウルゾーンに。「捕らないでくれ」。そう祈ったが、三塁手のグラブにおさまった。思わず悔しさで目をつぶった。「あそこで打てないのは力不足。期待に応えられなかった」と試合後、うつむいた。

 球をインコースに集め、五回表まで5―2とリードする展開になった。しかし、直後の五回裏、4連打を浴びるなど、一気に3点を失った。「自分が試合を作る」。その思いが力みにつながった。

 「ごめん、悪い」。智多君は六回でマウンドを宮本大也君(2年)に譲った。「五回で試合の流れが変わってしまった。あの教訓を生かしたかったのに」

 智多君が「原点」と位置づけるのは、今春の県予選1回戦の有田中央戦。継投でマウンドに上がった智多君は延長十一回、サヨナラ負けを喫した。「追いつかれて冷静さを失った」。悔しさを晴らすために練習で投げ込んできたが、夏の初戦で生かし切れなかった。

 試合は5―6で敗れたが、浜口伸太監督は智多君について「チームの大黒柱はよく投げてくれた」とたたえた。宮本君も粘り強く投げた。「心強い後輩たちを持った。次こそは初戦突破してほしい」。試合後、絞り出すような声で話した智多君。夏の勝利を後輩に託した。(片田貴也)

こんなニュースも