[PR]

 米電気自動車(EV)メーカーのテスラと上海市は10日、同市にEV工場を建設する協定を結んだことを発表した。テスラが米国外にEVの生産拠点を持つのは初めて。工場完成後は、中国市場向けに年間50万台の生産を目指す。

 テスラと上海市の発表によると、建設するのは「ギガファクトリー3」と呼ばれるEV生産の拠点。研究開発や販売などの機能も持たせるという。テスラ単独の出資で、投資額は明らかにしていない。テスラの担当者は「約2年後に生産を開始するが、年間50万台の生産に達するにはさらに2、3年かかる」としている。

 トランプ米政権は知的財産の侵害を理由に、中国からの輸入品340億ドル分に高関税措置を発動し、中国も米国に対して同規模の報復措置をとったばかり。テスラの担当者は、「今回の協定締結は米国での生産に影響はなく、米国内でも成長を見込んでいる」としている。

 テスラは低価格帯の「モデル3」の生産量が当初目標に届かず、コスト削減をしながら生産スピードを上げる必要に迫られている。その中での新工場の建設発表に、アナリストからは資金繰りを疑問視する声もあがっている。(サンフランシスコ=宮地ゆう