[PR]

 東京都目黒区の船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)が虐待を受けて死亡したとされる事件で、保護責任者遺棄致死罪などで起訴された父親の無職船戸雄大容疑者(33)について、警視庁は11日、大麻取締法違反(所持)と医薬品医療機器法違反(指定薬物の所持)の疑いで追送検した。碑文谷署への取材でわかった。検察に起訴を求める「厳重処分」の意見をつけたという。雄大容疑者は黙秘しているという。

 署によると、雄大容疑者は3月3日、目黒区の自宅で乾燥大麻数グラムと、指定薬物を含む液体数ミリリットルを所持した疑いがある。警視庁は同日、結愛ちゃんへの傷害容疑で雄大容疑者を逮捕して家宅捜索。大麻入りの袋と液体が入った小瓶を、同じかばんの中から発見したという。結愛ちゃんはこの前日に死亡した。自宅からはパイプなど吸引用とみられる道具も見つかったという。

 警視庁は6月、雄大容疑者を保護責任者遺棄致死容疑で再逮捕し、妻の優里被告(26)も同容疑で逮捕。2人とも起訴されている。