[PR]

 1705(宝永2)年に創業したお香の松栄堂(京都市中京区)が11日、同市中心部の烏丸通沿いに、日本の香文化を発信する拠点「薫習(くんじゅう)館」をオープンさせた。午前10時~午後5時(不定休)で入場無料。

 薫習館は同社隣のビルを改装したもので、地上5階建て。延べ床面積は約2700平方メートル。1階では、天井からつり下がるボックスに頭を入れると、いろんな香りが楽しめる仕掛けがある。白檀(びゃくだん)をはじめ貴重な原料も展示しており、香の歴史や製造法が学べる。2階はお茶やお香の席が体験できる大広間などを備えた。3、4階にオフィスが入り、5階ホールは講演会やイベントに活用する。

 畑正高社長は「仏教伝来とともに、大陸から伝わった日本の香文化を伝えるテーマパークをめざしている。デジタル化された情報が全盛の時代に、五感を使って生の香りにぜひ出会ってほしい」と話す。(佐藤秀男)