[PR]

 徳島市と徳島新聞社などでつくる「阿波おどり実行委員会」(委員長=遠藤彰良市長)は、8月12~15日の阿波踊り期間中の4カ所の有料演舞場の有名連(グループ)の出演順と、あわぎんホールである「選抜阿波おどり」に出演する有名連を発表した。

 「阿波おどり振興協会」所属の有名連14連の演舞場での出演は午後10時まで。それ以降は、徳島新聞社内に事務局がある「県阿波踊り協会」所属の有名連などがフィナーレの演舞をする。また、徳島市のアスティとくしまで開かれる「選抜阿波おどり」(午前11時、午後1時半、午後4時)には、両協会の有名連が出演する。

 実行委は今回、振興協会が南内町演舞場で続けてきた「総踊り」を中止させ、4演舞場に有名連を均等配置する方針を決めた。こうした演出の大幅な変更は演舞場などのチケットの販売率向上が目的。だが、有料演舞場と「選抜阿波おどり」、振興協会所属の有名連を締め出した「前夜祭」のチケットの販売数は今月1日の発売から10日までで計1万4987枚。一般向けに販売されるチケット全体の約15%にとどまっているという。遠藤市長は同日の定例会見で、「しっかりと販促活動をしないといけない数字だ」との認識を示している。

 各演舞場に出演する連と時間は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら