[PR]

 ドイツで外国人を敵視するネオナチのグループが10人を殺害した事件の判決が11日、南部ミュンヘンの裁判所であり、主犯のベアテ・チェーペ被告(43)に終身刑を言い渡した。

 判決によると、チェーペ被告は他の男2人とネオナチグループ「国家社会主義地下運動」を結成。2000年から07年にかけて、北部ハンブルクやミュンヘンなどでトルコ人8人とギリシャ人1人、警官1人を射殺。2件の爆破事件や15件の強盗事件にも関与した。チェーペ被告以外の男2人は11年、銀行強盗に失敗して自殺した。(ベルリン=高野弦)