[PR]

 西日本豪雨で各地に大きな被害が出ている。様々な支援の受け付けは、以下の通り。

 【失業給付】

・被災によって勤め先が休業し、一時的に仕事を休まざるをえなくなった人に給付する。災害救助法が適用された地域の事業所に勤めていた人が対象。雇用保険への半年以上の加入も条件。対象者は居住地域のハローワークに相談を。

 【募金】

モンベル

・三菱UFJ銀行 信濃橋支店(普)3963129

「アウトドアギエンタイ ダイヒョウ タツノイサム」。全国116の直営店舗に募金箱も設置。詳細は同社のホームページ(http://about.montbell.jp/release/disp.php?id=411別ウインドウで開きます)。

 【医療機関】

・被災によって保険証をなくすか、自宅などに残して避難している人は、保険証なしで保険医療を受けられる。医療機関に①氏名②生年月日③連絡先(電話番号等など)④加入の医療保険者がわかる情報(被用者保険は事業所名、国民健康保険は住所と組合名、後期高齢者医療制度は住所)を伝える。

 【損害保険】

・日本損害保険協会は、災害救助法の適用地域で、家屋の被災などのため損害保険の書類が見つからない場合の契約照会を受け付ける。同協会の会員会社との個人契約が対象。被災した本人か配偶者、親、子、兄弟姉妹からの照会が原則。自然災害等損保契約照会センター(0120・501331)。

 【ボランティア】

・募集を始めた自治体がある。全国社会福祉協議会の災害ボランティア情報のページ(https://www.saigaivc.com/別ウインドウで開きます)で、募集状況を確認できる。