[PR]

石田祝稔(のりとし)・公明党政調会長(発言録)

 (参院政治倫理・選挙制度特別委員会で、定数を6増とする自民党の公職選挙法改正案が可決したことに)自民党が合区を解消したいというのはよくわかる。わたしも徳島、高知の合区対象のところで、(衆院の)比例区でお世話になっていますので、そういう県民感情もよく分かりますが、国会議員を全国民の代表という位置付けから都道府県の代表(に変える)という、憲法改正というところにちょっとこだわりすぎたのではないか。もうちょっと早く、憲法改正とは別の自民党の考えを早くまとめておいていただけたらという気がする。(記者会見で)

こんなニュースも