[PR]

 英国の個人情報規制当局の情報コミッショナー事務局(ICO)は10日、最大8700万人の利用者のデータ流出問題を起こした米フェイスブック(FB)が個人情報の取り扱いを定めたデータ保護法に違反していたと認定し、法律の最高額にあたる50万ポンド(約7400万円)の制裁金を科す方針だと発表した。

 英選挙コンサルティング会社が大学の研究者を通じてFBから個人情報を不正に入手していたことが2月に発覚。ICOはFBが適正に個人情報保護をしておらず、利用者の十分な同意を得ずに第三者が個人情報を取得していたとして、データの取り扱いについて透明性を欠いていたと指摘した。

 欧州連合(EU)は5月、一般データ保護規則(GDPR)を導入し、個人情報の管理体制が十分でない企業に最大で2千万ユーロ(約26億円)、もしくは世界の年間売上高の4%に上る制裁金を科せるようにした。ただ、今回はGDPR導入前の案件のため、50万ポンドが制裁金の最高額になるという。(ロンドン=寺西和男