[PR]

 存在感ある演技で引っ張りだこの俳優、滝藤(たきとう)賢一(けんいち)さん(41)が、19日に日本テレビ系で始まるドラマ「探偵が早すぎる」(毎週木曜夜11時59分)に主演する。出世作となった映画「クライマーズ・ハイ」から10年。自らを「負け犬」と称するバイプレーヤーが、これまでの俳優人生と「主演」への思いを語った。

――主演はいかがですか。

 そりゃ、うれしいですよ。それを目指して、ずっとやってきているところがありますからね。俳優を志したときから、主役を張りたいっていうのは、ずっと変わらず持ち続けていることですから。

――主演になると、現場での立ち振る舞いに違いはありますか。

 普段は共演者にあまり積極的にはしゃべりかけないのですが、なるべく自分から近寄っていって、しゃべるようにしています。「自分の現場」と言ったらあれだけど、(共演者には)楽しんで帰っていただきたいし、のびのびやってほしいですしね。

――今回演じる千曲川(ちくまがわ)光(ひかる)は、犯罪を未然に防ぐ探偵だと聞きました。どんな役だと感じていますか。

 ぱっと見は、ひねくれていて、人の気持ちもわからない。そういう表面的なものがありながら、結果として人を救っていく。罪を犯そうとした人たちの、心の穴を埋めていく。ドラマには心に穴が開いた人がいっぱい出てくる。じゃないと人を殺そうなんて思わないから。そういうのを正していく。

 おしゃれに、ポップに演じたい。監督の演出がそうなっていますもんね。ここまで感情が激しい男になるとは思っていなかったですが。でも僕がキャスティングされた時点で、そうなんだろうな。

 

洗濯物たたみながら本読み

――NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」ではヒロインの父を演じるなど、引っ張りだこです。

 ずっとこんな状態ですからね。だからセリフだけはきっちり頭に入れて、現場に来て、セッション。監督とセッション、相手役とセッション。とにかくそこに集中している。

――洗濯物をたたみながら台本を読むと聞きました。

 そうそう。そんな状態だからね。

――今年はドラマと映画は、何本くらい並行しているのでしょうか。

 3本は普通に並行していますね。

――ごっちゃになったりしないのですか。

 ごっちゃにはならない。でもセリフが覚えられない。特に今回のドラマは、今までにない膨大さ。それを淡々としゃべればいいってものではないから、きっちり頭に入れたい。入れて、現場で相手の役の方と、使える場所をフルに活用したいと思っている。セリフでこけたくないから、必死こいてますよ。

――もともとは、自らも作品に登場する映画監督を目指していたと聞きました。

 米国のタランティーノ監督や北…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら