[PR]

 文部科学省は11日、西日本各地の豪雨の影響により愛媛、岡山、福岡の3県で公立小中学校と高校、特別支援学校計20校が夏休みの前倒しを決めたと発表した。校舎が床上浸水に遭うなど、すぐには授業ができない状況にあるためだという。

 愛媛県で10校が13日まで、岡山県で9校が19日まで臨時休校となり、その後夏休みに入る。福岡県でも大雨の影響で小学校1校が11日から夏休みとなっている。