[PR]

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は11日、モスクワ・ルジニキ競技場で準決勝1試合があり、クロアチア(世界ランキング20位)が延長戦の末、イングランド(同12位)を2―1で破り、初の決勝進出を決めた。決勝はフランス―クロアチアの組み合わせで、15日(日本時間16日午前0時)、ルジニキ競技場で行われる。

 試合は、イングランドが前半5分、ゴール正面のFKでMFトリッピアーが右足で直接決め、先取点を奪った。クロアチアが後半23分、右サイドからのクロスをFWペリシッチが左足で押し込んで同点に追いつき、延長戦に持ち込んだ。延長後半4分、ペリシッチが競り合って落とした球をFWマンジュキッチが左足で蹴り込み、決勝点を奪った。

 イングランドは3位決定戦にまわり、14日にサンクトペテルブルクでベルギーと対戦する。(モスクワ=河野正樹