[PR]

 生後半年の次男に暴行を加えて死なせたとして、大阪府警は12日、父親で職業不詳の松崎大治(たいち)容疑者(22)=大阪市此花区西九条3丁目=を傷害致死容疑で逮捕し、発表した。「何もしていません」と容疑を否認しているという。

 府警によると、逮捕容疑は昨年12月17日朝から夕方までの間、大阪市淀川区の当時の自宅マンションで、次男で生後6カ月の樹(いつき)ちゃんに何らかの暴行を加えて急性硬膜下血腫などの大けがを負わせ、死亡させたというもの。

 松崎容疑者は妻(22)と長男、樹ちゃんの4人暮らしだった。仕事から帰宅した妻が樹ちゃんの容体がおかしいことに気づき、病院搬送後に入院したが、今年1月6日に死亡した。死因は頭蓋(ずがい)内が損傷したことによる脳機能障害だった。松崎容疑者は逮捕前の任意の事情聴取に「ソファに寝かせていたら床に落ちた」などと供述していた。