[PR]

 鹿児島県鹿屋市の健康施設で6月、男性が腹などから血を流して倒れていた事件で、県警は12日、同市打馬1丁目、無職峯崎正侃(まさやす)容疑者(76)を殺人容疑で逮捕し、発表した。峯崎容疑者は容疑を否認しているという。

 県警によると、峯崎容疑者は6月19日午前9時ごろからの約30分間に、同市札元1丁目の県民健康プラザ健康増進センターのサウナルームで、近くの無職曽田智明さん(当時59)の胸や腹などを刃物で数回刺して殺害した疑いがある。

 現場で凶器は見つからず、県警は付近の防犯カメラの映像や曽田さんの交友関係などを捜査していた。曽田さんと峯崎容疑者はこの健康施設をよく利用していたといい、県警は動機などを詳しく調べている。