【動画】京都・祇園祭の曳き初め=大村治郎撮影
[PR]

 祇園祭前祭(さきまつり)の山鉾(やまほこ)巡行(17日)を前に、組み上がった鉾を試しに動かす「曳(ひ)き初(ぞ)め」が12日、京都市中心部であった。

 この日は四条通周辺の長刀(なぎなた)、函谷(かんこ)、月、鶏(にわとり)、菊水の五つの鉾がそれぞれの町会所付近の通りを往復した。

 鶏鉾の曳き初めには近くの池坊短大(京都市下京区)の学生約200人が浴衣姿で参加。「コンチキチン」の祇園囃子(ばやし)が響くなか息を合わせて綱を引くと、重さ約10トンの鉾が音を立てて動き出し、歓声が上がった。同短大1年の花田有斐(ゆい)さんは「歴史のある祭りに関わることができてうれしい」と話した。(大村治郎、写真は佐藤慈子)