[PR]

(12日、高校野球 彦根東12-0大津)

 3季連続の甲子園出場を目指す彦根東が、五回コールド勝ちで好発進した。エース左腕の増居が先発し、4回を1安打、無四球、7奪三振。「球が走っていなかったので制球に気をつけた」と淡々と話した。

 選抜大会3回戦で九回まで花巻東(岩手)を無安打に抑えながら、延長十回に0―1でサヨナラ負け。「その後は調子を崩して、まだしっくりきていない」という。この日は初安打を許した三回あたりからエンジンがかかった。「ノーヒットにいい縁起は感じていないので、1本打たれてほぐれた」とおどけてみせた。

 村中監督は「増居1人では勝てないが、本人にはいつでもマウンドに立てるだけの準備をするよう言ってきた」。増居は「悔いが残らないよう、しっかり投げたい」と誓った。=県立彦根

こんなニュースも