[PR]

 食中毒などから子どもを守ろうと「手洗い戦隊あらうンジャー」が12日、大分県竹田市会々の竹田保育所へ「出動」し、子どもたちに手洗いの技を伝授した。

 赤、青、ピンクの衣装で登場したのは県豊肥保健所の職員3人。手を水でぬらして泡立てる「ウォータージャージャー あわあわビーム」、手のひらと甲をあわせて洗う「ハンドゴシゴシ シュシュ」など様々な「必殺技」を披露。「手を洗ってばい菌にバイバイしよう」と呼び掛けた。

 手洗いした後、ブラックライトで汚れの落ち具合を確認した羽田野和愛ちゃん(4)は「ピンクみたいに手洗いが上手になりたい」と笑顔で話した。

 県豊肥保健所によると、県内の…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら