[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックの聖火台を大会期間中にどこに置くかなどについて、大会組織委員会、国、東京都などによる検討会議が設置されることが12日、決まった。

 開閉会式を行う新国立競技場の中には、聖火台の置き場所を作る予定がない。組織委の武藤敏郎事務総長はこの日、開会式での点火場所について、「セレモニーの演出と一体で決める」とした上で、フィールドに特設の聖火台を置いて点火する可能性が高いとの見解を示した。

 その上で、大会期間中の聖火台をどこに設置するかを、検討会議で討議する。16年リオデジャネイロ大会では、開会式の後、旧市街に設置された台に聖火が移された。聖火台のデザインは、今夏に決まる予定の開閉会式の演出家が来春をめどに作成する。

 また1964年東京大会で使われた聖火台は現在、宮城県石巻市に貸し出されている。管理する日本スポーツ振興センターは12日、19年5月から20年3月にかけて、岩手、福島の両県と、製造元がある埼玉県川口市で巡回展示すると発表した。最終的には新国立競技場の敷地内に置かれる。