[PR]

国民民主党・玉木雄一郎共同代表(発言録)

 1993年に政権交代があった、それから16年後の2009年、民主党として政権交代が実現した。政権交代と政権交代の間は16年。でも今度の政権交代は1年でもそれを短くしたい。例えば15年でやろうとしたら2024年だ。この2020年代初頭にターゲットを置きながら、戦略的にこの数年間を過ごしていきたい。

 その第一歩が来年の参院選だ。2019年に当選して、参院任期6年だから次の任期(満了)は2025年だ。私は2024年までにもう一度政権交代を起こしたいと思っているから、(同党の)石上俊雄参院議員が当選すれば、任期の最後のあたりでもう一度政権を担って、一緒に新しい政権を石上さんと運営したい。そんな具体的なビジョンを持ちながら、私たちは次の選挙にも挑みたいと思う。(石上氏を支える労組・電機連合の大会で)