【動画】「京まふ」の会見は北野天満宮で開かれた=佐藤秀男撮影
[PR]

 西日本最大級のマンガ・アニメの見本市「京都国際マンガ・アニメフェア2018」(京まふ)が9月15、16日に京都市で開かれる。7回目の今年は京都に縁のある作品の出展が多く、2日間で4万5千人の来場を目指す。アニメ制作会社の就職説明会も開き、コンテンツ産業の担い手育成にも力を入れる。

 主催する実行委員会と京都市が7月11日、北野天満宮(京都市上京区)で記者会見し、概要を発表した。会見の模様は一般に公開され、約100人のアニメファンらが見守った。

 メイン会場のみやこメッセ(左京区)では約60の企業・団体が作品のPRやミニイベントを繰り広げる。テレビアニメ化されたライトミステリー「京都寺町三条のホームズ」など京都を舞台にした作品が出展され、伝統産業の職人が手がけたアニメグッズの販売やオリジナルグッズを作る体験コーナーもある。

 15日は、60近い出版社の編…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら