写真・図版

[PR]

 ののちゃん 「日(ひ)の丸弁当(まるべんとう)」って何(なに)?

 藤原先生 ご飯(はん)に梅干(うめぼ)しをのせたお弁当のことよ。日本(にほん)の国旗(こっき)のように見(み)えるからそういう名前(なまえ)になったみたい。第二次世界大戦中(だいにじせかいたいせんちゅう)やそれ以前(いぜん)の時代(じだい)には、節約(せつやく)のための質素(しっそ)な食事(しょくじ)の代名詞(だいめいし)でもあったそうよ。

 のの どうして梅干しをご飯にのせたのかな。

 先生 梅の風味(ふうみ)が良く、しょっぱく酸(す)っぱくてご飯に合(あ)うからだろうね。長持(ながも)ちする塩漬(しおづ)けだから、冷蔵庫(れいぞうこ)がなかった頃(ころ)は戦場(せんじょう)の兵士(へいし)のための大事(だいじ)な保存食(ほぞんしょく)だったし、梅干しには抗菌作用(こうきんさよう)があり、食中毒(しょくちゅうどく)とか感染症(かんせんしょう)を防(ふせ)げると昔(むかし)から考(かんが)えられていたからかもね。1916(大正(たいしょう)5)年(ねん)の朝日新聞(あさひしんぶん)の記事(きじ)には、コレラ菌の感染防止対策(ぼうしたいさく)として、お弁当のおかずに「梅干しなど殺菌力(さっきんりょく)のあるものを選(えら)ぶべきだ」という専門家(せんもんか)の意見(いけん)が紹介(しょうかい)されている。この殺菌力とは、抗菌作用のことだったろうね。

 のの 梅干しの抗菌作用?

 先生 食中毒は、大腸菌(だい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら