[PR]

 今年度から小学校で教科化された道徳の教材に「星野君の二塁打」がある。試合で犠牲バントを指示されながら二塁打を打った星野君が監督に叱られるという内容。甲子園に向けて熱戦を繰り広げる球児や監督はどう思うのか――。長崎大会の出場校に聞いてみた。

 12日の長崎大会2回戦。同点で迎えた十回表、九州文化学園の古賀豪紀(ひでとし)監督(51)は途中から4番に入った後藤祐大朗選手(2年)を呼び寄せ、聞いた。 「先頭打者が出塁したらバントでもいいか」

 結局、バントの機会はなく、その裏にサヨナラ負けを喫した。古賀監督はその場面を振り返って言った。「いきなりバントを押しつけていたら、中途半端になったかもしれない。あの局面でそれは避けたかった」

 古賀監督には、忘れられない試合がある。

 2015年の夏の長崎大会3回戦。六回に大村工を2点リードし、なお無死一、二塁で、2年生だった7番の萩坂光希さん(20)が打席に入った。

 「最低でも1点ほしい」。古賀監督は萩坂さんに送りバントのサインをおくった。1球目にバントをしたが、ファウル。内野手は前進してきていた。「打ったほうがいいんじゃないか。たぶん打てる」。2球目のサインもバントだったが、バットを振った。真芯で捉えた打球はそのまま投手のグラブへ。走者が飛び出していた二塁、一塁に送られ、三重殺となった。

 これで流れが変わった。直後の七回に1点を返されると、九回は2点を許し、逆転サヨナラ負けした。

 以来、古賀監督が心がけていることがある。大事な局面では選手を呼び、意思を確認するようにした。「最高のプレーを引き出すためにも選手の気持ちはやっぱり大事。『やらせる』意識は捨てたほうがいい」

感想「監督正しい」8割

 1947年に雑誌に掲載され、今年度から小学校の正式教科になった道徳の教科書に使われる「星野君の二塁打」。古賀監督を含む長崎県の高校球児と監督約50人に読んでもらった。「監督が正しい」が約8割。「チームの約束を守っていない」「ヒットは偶然」という声が多かった。

 サインを守らなかったことがあるか聞くと、高校でサインを無視した選手は、ほとんどいなかった。

 瓊浦(けいほ)の橋本晃誠君(3年)は10打数10安打と好調だった中学時代の大会で、無死二塁のチャンスに送りバントを指示された。打ちたい気持ちを押し殺してバントした。「勝つためには誰かが犠牲にならないと」

 長崎工の広津雄太郎君(2年)は「試合中に限らず、監督は絶対。星野君のように試合に出してもらえなくなるのはかわいそうだけど、やっぱり反対の意見は言えません」と話す。

「我を通す人いたほうが面白い」

 3年前、「犠牲」になれなかった元九州文化学園の萩坂さんにも聞いてみた。「星野君はまるで自分。結果以外は」と笑った。

 今は名古屋産業大の野球部でプレーするが、あれ以来、監督のサインを守らなかったことはない。また同じ状況が来たら絶対にバントをするとも。先輩の夏を終わらせてしまい、今も申し訳ないと思っている。

 それでも、後悔しているわけではない。「人の指示ばかり聞いていてもつまらない。たまには我を通す人がいたほうが、おもしろいと思います」(横山輝)

     ◇

 星野君の二塁打 原作は児童文学者の吉田甲子太郎(きねたろう)(1894~1957)。奈良女子大文学部の功刀(くぬぎ)俊雄教授(体育学)によると、47年に雑誌『少年』に掲載され、50年代から小学校の国語の教科書、70年代からは道徳の副読本に使われてきた。今年度から小学校の正式な教科になった道徳の教科書に「規則の尊重」「集団生活の充実」などをテーマにした教材として収録した出版社もある。

 題材は子どもの野球。大会で打席に立った「星野君」は監督の送りバントのサインを無視し、二塁打を放つ。チームは勝利したが、星野君に監督は「犠牲の精神が分からない人間は社会をよくすることはできない」と伝え、次の大会でメンバーから外した。

こんなニュースも