[PR]

 岡山県は12日、災害情報などを伝える「おかやま防災情報メール」の配信が、豪雨に見舞われた6日から7日にかけ、最大2時間程度の遅れや不着があったと発表した。県内で6万4千件の登録があり、県は「避難の遅れなどに影響した可能性はある」とし、再発防止に努めるという。

 県危機管理課によると、問題が生じたのは6日午後6時半~7日午前11時半。6日夜に発表された大雨特別警報を伝えるメールがなかなか届かないことから遅れが判明した。

 県が調べたところ、特定のサーバーが防災情報メールを迷惑メールと判断。再送が繰り返されたものの登録した側には届かなかったという。7日午前11時半ごろ、このサーバーへの配信を停止したことで解消。延べ192万通のメールの配信が遅れたという。(菅野みゆき)