[PR]

 沖縄県が、南城市大里にある旧県衛生環境研究所のハブ研究室跡地を犬や猫の譲渡活動拠点施設として整備する方針を固めたことが、11日までに分かった。県動物愛護管理センターの業務を一部引き受ける形で、犬や猫の譲渡手続きを担う。譲渡の可能性がある犬や猫の収容期間を延ばし、年間約1400頭(2017年度)という殺処分数の減少を目指す。(社会部・松田麗香)

 同研究室は3棟からなり、野外の実験場を含めると2895平方メートル。県は本年度中に改修工事を終え、仮オープンの意向。愛護センターに出入りする民間の動物愛護団体などから意見を集め、収容可能な頭数の算定や拠点施設に必要な機能を検討しながら、段階的に運用を進める。

 愛護センターの犬猫収容期間は現在、土日祝日を除く最低7日間。7日以内に引き取り手が現れない場合は原則殺処分となる。健康状態などを考慮し譲渡の可能性があると判断した場合や、愛護団体から引き取りの要望があった際は、規定より期間を延ばすこともある。

 県内の犬猫の殺処分数は、13…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら