[PR]

 サッカー日本代表で、J1鹿島アントラーズのDF植田直通選手(23)=熊本県出身=が、ベルギーリーグ1部のセルクル・ブルージュKSVに完全移籍することになった。12日、所属する鹿島が発表した。15日に離日し、メディカルチェックを経て正式契約される。

 植田選手はクラブを通じてコメントを出し、アントラーズの5年半を「なにものにも変えがたい濃密な時間を過ごすことができた」と振り返った。

 今回のワールドカップ(W杯)ロシア大会には日本代表として参加したが、出場機会はなかった。「世界で活躍するプレーヤーになりたいという目標があり、W杯をベンチから見て、世界の舞台で勝負するためにはもっと成長しなくてはいけない」と、欧州での挑戦へ思いを強めたという。チームメートやサポーターらへの感謝もこめ「素晴らしい形で再会できるよう、自分らしく戦ってきたい」と活躍を誓った。