[PR]

(悩みのるつぼ)相談者 20代女性

 20代女性です。10代の頃に出会った彼。何につけても合理的で目標には一切妥協せず、脇目も振らず努力します。口は悪いけれどまっすぐ私を思ってくれていることが分かります。

 そんな彼の愛読書はフロムの「愛するということ」。愛とは決意の行為、すなわち自ら行為してその中に踏み込むものであり、その術として瞑想(めいそう)や座禅が有用であると考えています。仕事がどんなに忙しくても、修行として禅に励んでいます。

 私も彼に求められ、5年間、真剣に取り組みましたが、愛とのつながりが分からず、やめたいと思うようになりました。

 彼は私に激怒し、真剣にやらなかったからだ、無心で続ければお前にも分かる、禅とはそういうものだと言います。

 愛には努力が必要であることには、私も心から賛同します。しかし私はもう座禅はやりたくない。その先で愛につながる悟りがあると思えません。

 彼が禅の先に愛があるというなら、ぜひ向かってほしい。それに限らず、彼の夢はなんでも応援したいと思っています。

 しかし彼は座禅をどうかやめてくれるな、互いに一生後悔すると言います。私は自分の気持ちを無視して、今まで以上にやみくもに座禅をするべきなのでしょうか。私の今の気持ちは、愛ではないのでしょうか。いっそ別れて、禅の達人を連れてきた方が彼のためでしょうか。

回答者 評論家・岡田斗司夫

 あなたは10代から5年もの間、効果も出ない座禅を続けた。彼に言わせれば「効果が出ないのは本気でやってないから」。しかしあなたは「5年続けて効果が得られないものはムダだ」と思うようになりました。

 この差がなぜ生じるのかと言え…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら