• アピタル

弱さに寄り添う歌、命の限り がんと向き合うシンガー

有料記事

高橋美佐子
[PR]

 自作の歌を携え、教育現場などを回る「出前ライブ」を続けるシンガー・ソングライターで絵本作家のこんのひとみさん(58)が6月、久々のコンサートを開いた。2009年に子宮がんが見つかり、大きな舞台は控えてきたが、「人の弱さ」に寄り添った作品と歌声は健在で、数百人のファンが聴き入った。

 ♪運動会のかけっこあなたは/みんなの一番後ろ走ってる/パパは本気で歯ぎしりしてる/真っ赤な顔して走るあなた見て/

 6月15日、東京・内幸町のホールに甘い歌声が響いた。代表作「パパとあなたの影ぼうし」は不器用な息子の頑張りに、職場で挫折を味わったエリート社員の父親が励まされる光景が描かれる。無名だった1990年代に作り、01年にNHK「みんなのうた」で紹介されると大きな反響を呼んだ。

 この日は昼夜2回の公演。昼…

この記事は有料記事です。残り803文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。