[PR]

 テニスのウィンブルドン選手権は13日、男子シングルスで4強が激突する。4大大会で準決勝に残った4人全員が30代なのは1968年のオープン化以降初めて。4大大会優勝17度のナダル(32)=スペイン=と12度のジョコビッチ(31)=セルビア=の対決は4大大会だけでも14回目。一方で、アンダーソン(32)=南アフリカ=とイスナー(33)=米=は4大大会では初対戦という新鮮さがある。

フェデラー戦は大逆転

 アンダーソンは準々決勝で2連覇を狙ったフェデラー(スイス)をフルセットで破った。第3セットでマッチポイントを握られながら、そこから大逆転。南アフリカ勢がこの種目で決勝に進めば97年ぶりとなる。アンダーソンは「母国でも騒がれている。夢を持ち続け、自分を信じ続ける大切さを伝える事例になればと思う」。

 一方のイスナーには、ウィンブルドンの語り草がある。2010年、ニコラ・マユ(仏)との1回戦は2度の日没順延を経て3日越しの大熱戦に。タイブレークがない最終セットを70―68でイスナーが制した。計11時間5分は今も大会最長記録として残り、試合をした18番コートの壁に記念のプレートが飾られている。

 「もちろん、誰にとっても僕に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら