[PR]

 欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長が17~18日に来日し、安倍晋三首相とともに日本とEUの経済連携協定(EPA)の署名式を17日に東京で行う。菅義偉官房長官が13日の記者会見で発表した。

 首相は11~18日の欧州・中東訪問の際、ベルギーでEPAの署名式に出る予定だったが、西日本豪雨に対応するため、外遊を中止した。菅氏はEPAの意義について「人口約6億人、世界のGDP(国内総生産)の約3割を占める巨大な経済圏をつくり出すもので、アベノミクスの新しいエンジンとなる」と述べた。

こんなニュースも