[PR]

 NHKが来年度中の実施を目指すテレビ番組のインターネットでの常時同時配信について、総務省の有識者会議は13日、受信料の引き下げを検討することなどを条件に「一定の合理性、妥当性がある」と認める報告書案を公表した。総務省はNHKの今後の対応を見極めて、常時配信を行うための放送法改正案を来年の通常国会に提出するかどうか判断する方針だ。

こんなニュースも