[PR]

 関係者によると、6日に死刑を執行されたオウム真理教元代表の松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚(執行時63)は執行前、刑務官から「何か言い残したことはあるか」と問われ、言葉を発しなかったという。刑務官がさらに、遺体や遺品の引き取り先を尋ねると、しばらく考えた後、「四女」と答えたとされる。1度で聞き取れなかったため、刑務官が確認したところ、改めて四女の名を出し、うなずいた。執行の瞬間まで、抵抗することはなかったという。

 法務省は松本元死刑囚の遺骨を四女に引き渡す方針。一方、松本元死刑囚の妻らは意思表示があったことに疑問を呈し、遺骨の引き渡しを求めている。