[PR]

 トランプ米大統領が就任後に初めて訪英するのにあわせ、英国各地では抗議デモが展開されている。時計塔「ビッグベン」で知られるロンドンの英国会議事堂前では13日午前、同氏の「幼稚な政策」を表現したという全長6メートルの巨大バルーン「トランプ・ベビー」が揚げられ、観光客らが足を止めて記念撮影していた。

 風船になったトランプ氏はおむつ姿で、小さな手にはスマートフォンが握られている。同氏が頻繁にツイッターでつぶやくのに使っているとされるスマホをイメージさせるものだ。

 計画段階から「やりすぎだ」といった否定的意見もあったが、テロ対策などをめぐりトランプ氏とツイッター上で応酬してきたロンドンのカーン市長が、実行を許可した。

 同日午後には、ロンドン中心部のトラファルガー広場まで約2キロを行進する大規模デモが予定されており、数万人の参加が見込まれている。週末にかけて、トランプ氏がゴルフをしに行く英スコットランドでもデモが計画されている。

 トランプ氏が宿泊したロンドン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら