[PR]

 13日の栃木大会2回戦で、強豪私学の青藍泰斗(せいらんたいと)と対戦した宇都宮。県立の進学校は延長十回、4―5で惜敗したが、きらりと光る選手の活躍があった。

 五回2死一塁。投手の肩が動いた瞬間、宇都宮の一塁走者、阿久津怜生(3年)はスタートを切った。二塁へ一直線に駆けると悠々セーフ。その後も暴投で三塁を陥れ、続く打者の適時打で生還した。3安打2得点1盗塁の大活躍。大会屈指の俊足で、シード校の青藍泰斗をあと一歩まで追い込む原動力になった。

 小6の冬に肩を痛めて、一度は野球を諦めた。「野球以外の球技はやる気がしなかった」と中学時代は陸上部へ。そこで才能を発揮し、中3で陸上の全国大会の400メートル走に出場。見事に優勝を果たした。陸上を続けることもできたが、幼い頃から憧れた甲子園への夢を諦めきれず、高校で再び野球の道へ戻ってきた。

 高校では「陸上は個人だけど、野球はチームで戦って、勝っても負けても全員で分かち合える」と、野球を心の底から楽しみながら練習に励んだ。ブランクはあったが、持ち前の身体能力とセンスでレギュラーの座をつかみ、篠崎淳監督も「どんな場面でも落ち着いていて力を発揮できる。宇高の一つの武器」と信頼を置くまでに成長した。

 この日も青藍泰斗を「日本一」の俊足で揺さぶった。青藍泰斗の益子京右(3年)は、プロ球団も注目する強肩捕手。だが、「タイミングさえ合えば盗塁できる自信があった」と常に次の塁を狙った。三回には塁上の動きでプレッシャーをかけ、投手の悪送球を誘った。

 2点を勝ち越された延長十回には、それまで無安打に抑えられていた2番手投手から安打を放ち、追い上げの突破口を開いた。勝つことはできなかったが、自分たちの力は出し切った。「このチームで高校野球を3年間できて幸せだった」。涙を拭って、力強く前を向いた。(若井琢水)

こんなニュースも