[PR]

 島根県は13日、5日からの豪雨による住宅への被害状況や交通・観光への影響をまとめた。

 13日正午時点で、床上浸水の被害は江津市で162棟、川本町で55棟、美郷町で10棟出ており、3市町で計227棟。床下浸水は邑南町を加えた4市町で計77棟に上っている。避難所は江津市、川本町、美郷町に開設されており、23人が避難している。

 農林水産関係の被害は、林道の路肩が壊れるなど、同日午後2時時点で約5億1千万円。ただ、農地や農作物への被害は全容がわかっておらず、被害額はさらに増える見通し。

 交通では、岡山県内のJR伯備線の復旧に1カ月以上が見込まれており、特急やくもと寝台特急サンライズ出雲が運転取りやめになっている。このほか、山陰線の益田~東萩駅と木次線の出雲横田~備後落合駅も運休が続いている。

 JRの運休などにより、観光への影響も出ている。県旅館ホテル生活衛生同業組合の調べによると、12日時点で6~17日の宿泊予約に6019人のキャンセルが出ている。(内田快)