すず役の松本穂香さん「げた履いてうろうろしています」

有料会員記事

聞き手・矢田萌
[PR]

 放送中のドラマ「この世界の片隅に」(TBS系、日曜夜9時)で、戦時下を前向きに生きるヒロインすずを演じる松本穂香さん。夫・周作を演じる松坂桃李さんと、劇中のように仲むつまじい様子や、ドラマの見どころを聞きました。

 ――今回は約3千人のオーディションから選ばれました。

 決まったときは正直実感がわかなくて、事務所の方が「おめでとう」っていってくれたんですけど、「え、私が?」という信じられないって気持ちが大きかったです。その後、すぐに広島などに行かせていただいて、だんだん私がすずさんをやれるんだと感じて、うれしかったですね。

 ――すずはどんな子でしょうか。

 すごくぼーっとしているっていわれがちだけど、それだけじゃなくて。人の気持ちを察する力があるというか。人のために考えずに行動しちゃう子なんだろうなと思います。

 ――ご自身と重なる部分は。

 私もぼーっとしているっていわれがちなので、同じものを感じますし、私も後先を考えずに言っちゃったり、動いちゃったりすることも多いので、そういうところは似ていると思います。

 ――お気に入りのシーンは。

 何か大きいことが起こるわけじゃないんですけど、(初回の)周作さんと初めての会話で、周作さんが祝言の後に話しかけてくるシーン。すずが普通に電気をつけて後片付けしていたら、周作さんが「ここは軍の街じゃけぇ」(だから電気はつけられない)と言ってカーテンをあけると月明かりがあって、「(手元が)見えるじゃろ」って言うシーンは、やっているときに好きだなって思いました。すごく静かで好きなシーンです。

 ――周作役の松坂さんとは、よく話しますか。

 合間合間で、話を聞いてもら…

この記事は有料会員記事です。残り2051文字有料会員になると続きをお読みいただけます。