[PR]

 祇園祭は14日、前祭(さきまつり)の宵山(よいやま)期間を迎えた。京都市中心部では17日の山鉾(やまほこ)巡行に参加する23基の山鉾が立ち並び、駒形ちょうちんの明かりで照らされた。

 14日は「宵々々山(よいよいよいやま)」。浴衣姿の見物客らは「コンチキチン」の祇園囃子(ばやし)を聞きながら、豪華に飾られた山や鉾を見つめていた。15、16日は午後6~11時に四条通や烏丸通の一部区間などが歩行者専用道路となる。(大村治郎)