[PR]

 ドイツの連邦裁判所は12日、フェイスブックの利用者が死亡した後、遺族や相続人が過去のメッセージを読むことができる権利を認める判決を下した。フェイスブックのアカウントの記録を「遺産」とみなす判断で世界的にも珍しいとみられ、ほかのSNSへの影響も注目される。

 DPA通信などによると、閲覧を求めたのは、2012年に列車にひかれて死亡した15歳の少女の母親。事故だったのか、自殺だったのかの手がかりをつかむため、メッセージの閲覧を求めていたが、フェイスブック社はプライバシーを理由に拒否していた。

 連邦裁判所は今回の判決で、「デジタル上の内容も、手紙や日記と異なる扱いをする理由はない」との判断を示した。

 フェイスブックは、利用者の死亡を証明する書類を受け取った場合にはアカウントを凍結したり、家族の依頼で削除したりするサービスを行っているほか、生前に指定した人が亡くなった人のページに葬儀の日時を書くことができるサービスも提供している。だが、本人がやりとりした過去のメッセージを読むことは許可していない。

 判決を受けて、フェイスブック社の報道担当者は朝日新聞の取材に「遺族の思いとプライバシーの保護を比較検討することは最も困難な課題だ。我々は家族に同情する。だが同時に、フェイスブック上の個人的なやりとりは守らなければならない。(判決内容は)我々と立場を異にする。裁判の過程はいかに状況が複雑かを示しており、この影響を見定めるため、判決内容を注意深く分析する」とコメントした。(ベルリン=高野弦)