[PR]

 サッカー少年とコーチの計13人が洞窟から助け出されたタイ北部のチェンライでは、救出劇にあやかる数字が入る宝くじが品薄となる人気となっている。全員の無事はさっそく験担ぎに使われるほど、地元でも話題となっている。

 タイ最北端の街、チェンライ県メーサイ。13日、ミャンマーとの国境検問所を背に、路上でケースを広げて宝くじを販売する人たちが10人ほどいた。

 「13ある?」「445は?」。行き交う人たちはそう言って足を少し止め、宝くじの数字に目をこらす。

 くじは数字が6けたあり、下2けたと下3けたを当てるのが多くのファンの狙いどころだ。一番人気は少年らの人数「13」で、販売直後に売り切れた。「445」は4人、4人、5人と順番に救出されたことにあやかるもので、騒ぎが続いた7月と、閉じ込められてから全員救出までの17日間をあわせた「717」も縁起がよいと人気だ。救出活動中に亡くなった男性ダイバー(38)の年齢にちなむ「38」も、追悼の意味を込めて買い求める客が多い。

 抽選は毎月1日と16日にあり、今月1日に少年らが閉じ込められた6月23日の「623」が当選番号となったことから、関連する番号の人気に拍車がかかった。タイでは2016年にプミポン前国王が亡くなり、年齢にちなんだ「89」を多くの人が買い求めた。「今回はそれ以来の大ブーム。買いに来るお客さんも、販売する仲間同士でも、洞窟の話題で持ちきり」と、販売人のカウさん(43)は話した。(チェンライ=野上英文