[PR]

 勢いよく燃える大たいまつが乱舞する勇壮さで知られる熊野那智大社(和歌山県那智勝浦町那智山)の例大祭「那智の扇祭り」(通称・那智の火祭り、国指定重要無形民俗文化財)が14日、那智の滝の周辺であった。

 熊野の神々が年に1度、もともとまつられていた那智の滝へ里帰りするという神事。12本の大たいまつを抱えた白装束の氏子たちが火の粉を飛ばしながら滝へと続く石段を練り歩いて清め、神々が乗る12体の扇神輿(みこし)を出迎えた。赤々と燃える炎に神輿の金扇がきらめき、参道一帯は神秘的な雰囲気に包まれた。(東孝司)