[PR]

 14日にコザしんきんスタジアム(沖縄県沖縄市)であった沖縄大会4回戦。春季大会で優勝し、第1シードだった未来沖縄が、タイブレークの末、美来工科に6―7で逆転サヨナラ負けした。

 四回に先制され、すぐに五回に逆転したが、その裏に先発の宜保が打たれ、リードを許す苦しい展開。八回に追いつき、延長へ。十二回までに決着がつかず、タイブレークまでもつれた。十四回表に1点を入れたが、その裏、2死満塁でツーストライクまで追い込みながら、玉城に右前に運ばれ、宜保はうなだれながらマウンドを降りた。

 未来沖縄の神山監督は「お互い必死だった。1球に泣いた」。先発し、十一回から再登板した宜保は「自分たちの力が弱かった。力は出し切った」と声を絞り出した。今後については「プロか大学か、まだ決めきれない。自分が成長できる道に進みたい」と話した。(伊東聖)

こんなニュースも